洋服についてしまった醤油のシミ抜きの方法

醤油をこぼした

 

お気に入りの洋服に醤油のシミがついてしまったとお悩みではありませんか。

 

醤油のシミはついてすぐなら水洗いだけで簡単に落とすことができますよ。

 

もし時間が経ってしまった場合は効果的なシミ抜きでお気に入りの洋服をまた気持ちよく着られるようにしましょう。

 

 

醤油のシミは応急処置で範囲を広げないことが大切

醤油は水に溶ける水溶性のシミをつくります。

 

醤油をこぼしてしまった時はすぐに水洗いをすればすぐにきれいにすることが出来ます。

 

 

外出先で醤油のシミをつくってしまったらタオルやハンカチでごしごしこするのは厳禁!
醤油のシミの範囲をひろげたり繊維の奥に浸透させたりしてしまうことがあります。

 

濡らしたハンカチでシミの部分をつまむようにして醤油を取り除いて応急処置をします。
帰宅後はシミ抜きをして洗濯機で洗えばきれいな状態に戻すことが出来ますよ。

 

 

醤油の他、そば・うどんのつゆ、ソース、ポン酢といった水溶性の調味料も同様の応急処置が大切。

 

応急処置をしておけば、シミ抜きをしなくても洗濯機で洗うだけできれいに落とせることもあります。

 

醤油のシミの落とし方

 

醤油のシミ抜き作業に必要な道具を用意しよう

 

  • 台所用中性洗剤
  • シミ抜きブラシまたは歯ブラシ
  • キッチンペーパーまたは古布
  • 酸素系漂白剤

 

醤油のシミは落としやすいので特別な道具を用意する必要はありません。このように家にあるもので十分シミ抜きができます。

 

油汚れに強いタイプの弱アルカリ性台所洗剤は色落ちの原因になることがあります。
パッケージを確認してから使ってくださいね。

 

醤油のシミを落とす手順とコツ

シミ抜きの前に洋服についている洗濯表示をチェックしてください。
洗濯機で洗えるものは自宅でもシミ抜きができますが、洗濯機不可のものはクリーニング店やシミ抜き専門店へ依頼してくださいね。

 

シミ抜きをする前は、縫い代や目立たない部分で色落ちテストをしておくと安心です。
台所用中性洗剤をつけてしばらく待ってから、キッチンペーパーや古布を押し当ててみてください。色が移ったらシミ抜きで色落ちする心配があります。

 

★シミ抜きの手順

  1. シミの下にキッチンペーパーを敷きます
  2. 台所用中性洗剤をつけたブラシでシミを叩きます
  3. キッチンペーパーをずらしながら叩く作業をくりかえします
  4. シミが落ちたらぬるま湯で部分洗いをします
  5. いつも通り洗濯機で洗います

ブラシで叩く時は生地を傷めたりシミを広げたりしないように注意してゴシゴシこすらないようにしましょう。

 

トントンと叩いて下に敷いたキッチンペーパーへ醤油のシミを移すことがポイントです。

 

ぬるま湯で部分洗いをする時は繊維同士をこすり合わせるようにゴシゴシ洗うと生地が傷んだり伸びたりしてしまいます。
シミの部分を力を入れずに指でつまんで優しくもむように洗いましょう。

 

 

シミ抜きをして洗濯機にかけてもシミが残っている場合は酸素系漂白剤を試してみましょう。

洗濯機で洗って乾かした後もシミが残っている場合は、酸素系漂白剤でつけ置きをしてから再度洗濯機にかけます。

 

この時パッケージに書かれている使用量を守って酸素系漂白剤を投入するとさらに効果的に醤油のシミを落とすことが出来ます。

 

醤油のシミの部分に直接つけられる液体タイプが使いやすくて便利です。
シミの部分に十分しみこむ程度の酸素系漂白剤をかけて、ぬるま湯に20〜30分つけ置きしてから洗濯機で洗います。

 

ただし、醤油をこぼしてから何日も経ってしまったシミは繊維そのものが変質してしまっている可能性があり酸素系漂白剤で落とすことは出来ません。

 

 

 

醤油のシミ抜きをする時間がないという方はクリーニングにだそう

醤油のシミをつくってしまったものの、忙しくてシミ抜きやつけ置きができないという方も多いのではないでしょうか。

 

自分でシミ抜きをする時間がないという方にはシミ抜きが無料の宅配クリーニングをおすすめします。

 

宅配クリーニングは衣類の持ち込みの必要はありません。パソコンやスマホから衣類の集荷・配送の手配ができるんですよ。

 

宅配クリーニングの受け取り

 

例えば、旅行先で衣類を出して自宅で受け取ったり、自宅から出したクリーニングを出張先で受け取るという使い方もできるから忙しい方にぴったり!

 

数ある宅配クリーニングの中でも特におすすめなのは、質の良い無料シミ抜きサービスがある「リネット」です。

家まで無料で届けてくれるクリーニング

 

シミ抜きを申し込まなくても、職人の厳しい目でチェックされた衣類にシミがあれば専用の機械や薬剤を使って染み抜きを行ってくれます。

 

「リネット」からメールで送られてくる明細書にはシミのある衣類に無料シミ抜きを行ったかどうかが記載されています。
自分の衣類がどんな状況にあるのか把握できるのはうれしいポイントですね。

 

 

 

TOPへ