ドライクリーニングでは汗のシミ汚れが落ちない理由とは?

ドライクリーニングしかできないコート

 

ドライクリーニングでは石油系の溶剤で洗うため、皮脂など油由来の汚れはとても良く落とすことができる反面、水を使わないので水溶性の汚れを落とすことは得意ではありません。

 

汗ジミの原因になる「汗」には皮脂も含まれますがほとんどは「水溶性の汚れ」です。

 

汗ジミ汚れがドライクリーニングで落ちないのは、水溶性の汚れである汗の成分や汗のニオイを完全に落とすことができないからです。

 

 

洗濯表示にドライマークがついている衣類に汗ジミが付いている場合は、クリーニング屋さんによっては「汗抜き加工」をおすすめしてくることもあります。

 

宅配クリーニングのリナビスが6/4〜6/30まで汗抜き加工無料のキャンペーン中です!!
宅配クリーニングリナビス
◎通常1点540円の汗抜き加工が無料!!(〜6/30まで)

 

 

 

 

 

パッと見で汗ジミに気づかない場合は、通常のドライクリーニングのみで受け付けてしまうことがあるので、汗ジミが気になる衣類をクリーニングに出す場合は受付で汗ジミについて相談するのがベターです。

 

 

クリーニングに出したのに、汗ジミ汚れが落ちてない!とがっかりしてしまわないようにクリーニング屋さんに出す時に受付で気になる汚れや染みなどはしっかり伝えることが大切です。


 

汗抜き加工とは、襟元など汗のシミが付いている部分だけに、霧状にした水分をあてて汗を抜くという方法をとります。

 

水に衣類全体をつけてしまと縮みや型崩れなどをおこしてしまうので、人の手で部分的に処理します。
手間がかかる分、通常は料金が別途かかってしまいます。

 

 

 

※宅配クリーニングなら染み抜き無料!

マメにクリーニングを利用するなら宅配クリーニングのリネットが便利でお得!
宅配クリーニングなのに最短2日仕上げで人気です!

 

 

今話題の24時間出せる宅配クリーニング!

 

 

 

汗染みの黄ばみを自分で洗濯して落とすには?

シャツの汗染みと黄ばみ

 

白いワイシャツも何度か洗濯してしているうちに、だんだん黄ばみが目立つようになったり襟元や袖口に汗ジミや黒ずみも気になるようになってしまいます。

 

ちゃんと洗濯してるのに、黄ばみ汗染みが残ってしまうのには原因があります。
その原因がわかれば汗染みの黄ばみを自分で落とすことができます。

 

 

まず、汗ジミや黄ばみ汚れは酸性の汚れということと、皮脂汚れをしばらく放置すると空気中の酸素によって酸化がすすみ黄ばみが蓄積してしまうという特徴を知っておいてください。

 

この特徴に合わせて洗濯洗剤選びや洗濯の仕方に気を付ければ、自分で汗ジミや黄ばみを落とせます。

 

洗濯の仕方のポイント

酸性の汚れを落としやすいアルカリ性の洗剤を使う

普段の洗濯で液体洗剤を使っている場合、その洗剤は中性洗剤であることが多いです。
汗や皮脂など酸性の汚れを落とすためには、アルカリ性の洗剤が適しています。

 

例えば・・・アタックやニュービーズなどの粉末の洗濯洗剤は弱アルカリ性で皮脂汚れに適しています。

 

汚れたらなるべくすぐに洗う

洗濯ものが少ないとつい数日分まとめて洗ってしまいがちになりますが、放置する時間が長ければ皮脂の酸化がすすみ黄ばみが沈着しやすくなるので、汗が染み込んだシャツ類はできる限り早めに洗うのが望ましいです。

 

 

皮脂はお湯やぬるま湯のほうが落ちやすいということも知識として覚えておいてください。
汗ジミがひどいときは、お風呂上がりの湯船のお湯を使ってアルカリ性の洗剤にしばらく浸けておくのも効果的です。


 

 

洗濯しても落とせない汗ジミや黄ばみを落とす方法

洗濯機で落としきれない黄ばみや黒ずみは、部分的に手洗いで丁寧に落とします。

 

使う洗剤は食器用洗剤固形石鹸です。どちらも油汚れをとてもよく落とします。

 

気になる部分をぬるま湯に浸し、洗剤つけて柔らかめの歯ブラシなどでやさしくこすります。
その後、ぬるま湯で丁寧にすすぎをして完了です。

 

それでも落ちない黄ばみには酸素系の漂白剤を使って落とします。

 

漂白剤を気になる部分に直に塗ってから40℃くらいのお湯に20分〜25分くらい付けておくのがコツです。

 

その後、浸け置きしたお湯ごと洗濯機に入れて標準コースで洗濯してください。

 

これで汗や皮脂によるほとんどの黄ばみや黒ずみは落とすことができます。

 

※漂白剤を使う場合、色柄物のシャツなどは色落ちの心配があるので気を付けてください。

 

 

 

自分で黄ばみ汚れを落とすのが面倒な方や手洗いしている時間が無い方は、便利で安い宅配クリーニングをおすすめします。

クリーニングならお湯で洗ったり染み抜きを無料でしてくれますので、きれいに汚れを落とすことができますよ。

 

 

今話題の24時間出せる「宅配クリーニングのるネット」

 

 

 

 

ドライクリーニングでは落とせない汚れやにおいとは

ドライクリーニングに衣類を出すと、1着1,500円とか衣類によっては5,000円以上もかかる場合があります。

 

でも、ドライクリーニングの特徴として、衣類の縮みや型崩れを防ぐかわりに水溶性の汚れがあまりきれに落とせないということがあります。

 

ドライクリーニングであまり落とせないもの

  • 汗そのもの
  • 汗によるシミ汚れ
  • 男子臭
  • 加齢臭
  • わきが臭

などなど、ドライクリーニングでは汗によってついてしまうニオイや汚れを落とすのは苦手です。

 

そのかわり、食品による油汚れや皮脂などはよく落とすことができます。

 

 

ドライクリーニングで落としにくい汗や汗ジミなどの汚れ

汗によってついてしまう汚れやシミ、ニオイは水溶性の汚れなので、水を使って洗わないとすっきり落とせません。

 

水洗いができる衣類であれば、家庭の洗濯機やランドリークリーニングの利用でしっかり落とすことができます。

 

 

しかし、水洗いができないドライマークのみの衣類に関しては、水洗いをすることで繊維が縮んで服のサイズが小さくなってしまったり、型崩れをおこして不格好になってしまう可能性があります。

 

 

そんな場合は、クリーニング店の「汗抜き加工」や「ウェットクリーニング」といったオプションメニューを依頼することで気になる汗ジミやにおいを落とすことができます。

 

 

 

やっぱり安い!宅配クリーニングの汗抜き加工!

ドライクリーニングしかできない衣類に追加で特殊なウェット加工や汗抜き加工をしてもらう場合は別途追加料金がかかります。

 

街のクリーニング屋さんの場合は結構料金が高くなりますが、宅配クリーニングの場合は安いのが特徴です。

  • 白洋舎汗スッキリ加工:標準料金の50%増し ⇒ 詳細はこちら
  • 【宅配クリーニング】リネット:ウェット加工@1,000円 ⇒ 詳細はこちら
  • 【宅配クリーニング】リナビス:汗抜き加工@500円 ⇒ 詳細はこちら

 

宅配クリーニングは通常のクリーニング料金も安くて利用しやすいうえ、オプション料金も安いのでとても利用しやすいです。
中には染み抜き無料の宅配クリーニングもあります。

 

また、宅配クリーニングの良さは、低料金だけではなく持ち込みや引き取りといった手間と時間を節約できるのがとても大きなメリットです。

 

宅配業者に無料で引き取りにきてもらえることはもちろん、営業時間外の深夜であってもコンビニから衣類を発送できるという時間的に自由な点もうれしいポイントです。

 

 

宅配クリーニングのおすすめ - トップページへ

 

 

 

 

TOPへ