お気に入りのセーターは来シーズンも気持ちよく着たいですよね。

 

でも自宅で洗濯すると干し方や干すスペースに悩みますし、湿気やカビを避けて保管する方法も考えなくてはなりませんからかなり手間がかかってしまいます。

 

そこでおすすめなのがセーターをクリーニングに出して保管してもらう方法です。

 

◎ 高品質で丁寧な保管付き宅配クリーニングといえば・・・宅配クリーニングのリナビスが人気!

 

宅配クリーニングのリナビス

 

宅配クリーニングのリナビス

https://rinavis.com/

 

 

ここ数年で利用者数が激増している宅配クリーニングは長期保管のサービスが人気!セーターを洗濯する手間も保管する手間もかかりませんよ。

 

ここでは、今さら人には聞けないセーターのクリーニングに関する疑問を解消できるように頻度や料金相場、宅配クリーニングの保管サービスについてまとめました。心配なセーターの縮みや万が一の補償についても触れていきます。

 

 

セーターをクリーニングに出す頻度はどのぐらい?

 

セーターを自宅で洗濯せずにクリーニングに出す場合、3〜5回着てからクリーニングに出す方とシーズンが終わってからクリーニングに出す方に分かれるようです。

 

タートルネックなどでメイクや整髪料の汚れが気になるという場合は少ない着用回数でクリーニングに出し、高価なセーターはクリーニングのダメージを抑えるためにシーズン毎にクリーニングに出すという方も多いようです。

 

セーターの品質や種類によってクリーニングに出す頻度を変える方法は、セーターの傷みを防ぐことができますしお財布にも優しい合理的な方法といえそうです。

 

セーターの下にシャツやカットソーを着ている場合は3〜5回着るけれどキャミソールやタンクトップの上にセーターを着たり首回りが直接セーターに触れる場合は毎回クリーニングに出すという方も多いようですね。

 

インナーにシャツやカットソーを着ていると汗や皮脂といった内側からの汚れは目立つほど付きませんが、外食時の臭いやホコリなどの外側からの汚れは意外と多くついているものです。

 

この場合、セーターに除菌消臭スプレーをして吊るしておいたり、洋服ブラシで汚れを払い落としたりと工夫をされている方が多い印象でした。

 

 

このように、セーターをクリーニングに出す頻度は、どんな種類のセーターをどのぐらいの回数着用したかで大きく変わるものです。
セーターをクリーニングに出す前に着用回数や汚れ具合をチェックしてみましょう。

 

 

セーターの毛玉はクリーニング店に言えば無料で取ってもらえるの?

一般的にセーターにできてしまった毛玉はクリーニングに出しても自動的に取れることはありません。

 

セーターをクリーニングに出す時に毛玉取りのオプションを追加で申し込む必要があり、通常のクリーニング代金とは別にに200〜500円の毛玉取り料金がかかります。

 

生地が傷みやすいことから毛玉取りのメニューがないクリーニング店も多いようです。

 

 

セーターのクリーニングと同時に無料毛玉取りをしてくれる宅配クリーニングなら手間をかけずにきれいなセーターになって戻ってきますよ。

 

全ての宅配クリーニングで無料毛玉取りのオプションが用意されている訳ではないので毛玉取りを依頼したい場合は事前にチェックしておきましょう。

 

宅配クリーニングで人気の「リナビス」「リネット」は毛玉取りの他にも様々なオプションが選べるのでおすすめですよ。

 

 

無料毛玉取りサービスがある宅配クリーニング

 

 

「リナビス」はこちらから依頼しなくてもセーターの毛玉がきれいに取れているとクチコミでも評判です。

 

全体がほぼ毛玉まみれという衣類も根気良く対応してくれるので諦めていたセーターをまた着たいという方にぴったりですね。


 

 

 

セーターをクリーニングに出す前に料金の相場を知っておこう!

 

クリーニングチェーン店と宅配クリーニングにおけるセーターのクリーニング料金を調べてみました。

 

クリーニングチェーン店のセータークリーニング料金

  • ホワイト急便 330円〜
  • うさちゃんクリーニング 380円〜
  • ポニークリーニング 450円〜
  • 白洋舎 550円〜

 

宅配クリーニングのセータークリーニング料金

  • リナビス クリーニング点数で決まるパック料金
  • リネット 590円〜
  • ピュアクリーニングプレミアム 1,200円〜

 

クリーニングチェーン店は地域によって料金設定が異なったり会員割引デーが設けられたりしているため料金の差が生じやすいものの、セーター1枚あたりのクリーニング料金の相場は400円前後といえそうです。
宅配クリーニングは、専用バッグに詰め放題または10点・20点といったクリーニング点数ごとのパック料金が設定されていることが多いです。

 

クリーニングチェーン店でも宅配クリーニングでも、セーターにアンゴラやシルクといった高級素材が使われている場合やビーズや革のエルボーパッチといった装飾がついている場合は料金に数百円追加されることがあります。

 

 

 

セーターが縮むのが心配!クリーニングに出したら縮む?縮まない?

 

通常、セーター類はドライクリーニングで汚れを落とします。

 

ドライクリーニングは水をほぼ使わず石油系溶剤を使うためセーターは縮まないとされています。
しかし実際には着用しても気づかないぐらいわずかに縮むことがあるそうです。

 

このことから、セーターをクリーニングに出すと極わずかに縮む可能性があるといえるでしょう。

 

 

クリーニング店に預けたセーターが明らかに縮んでしまうことがあります。
これはほぼ100%クリーニング店に責任があるそうです。

 

  • セーターの洗濯表示タグをよくチェックしていなかった
  • 管理がずさんでセーターを水洗いに入れてしまった
  • セーターを高温プレスにかけてしまった

 

このような理由でセーターが縮んで戻ってきたというトラブルが後を絶ちません。

 

衣替えシーズンで大量の衣類が持ち込まれて管理が疎かになった、外国製のセーターで洗濯表示が分りづらかったといった理由が主なようです。

 

しかし、私達は信頼してクリーニング店にセーターを預け料金を支払っていますからどんな理由にせよクリーニング店のミスでお気に入りのセーターが縮んでしまったら許せませんよね!

 

 

もしクリーニングに出したセーターが縮んでしまった時は迷わず弁償してもらいましょう。

 

クリーニング店や宅配クリーニングサービスによっては独自の賠償基準が設けられていることもありますが、クリーニング事故賠償基準に基づいた弁償内容になることが多いようです。

 

国民生活センターや消費生活相談窓口に持ち込まれるクリーニング関連のトラブルもクリーニング事故賠償基準に基づいて解決されることがほとんどで、賠償額は【物品の再取得価格×物品の購入時からの経過月数に応じた補償割合】という式に当てはめて計算されています。

 

【参考】ウール100パーセントのセーターが水洗いによって縮んでしまった時のサイズ修正の方法

 

 

 

セーターのクリーニングと保管なら宅配クリーニングがおすすめ!

セーターをクリーニングに出すのならメリットいっぱいの宅配クリーニングを検討してみてはいかがでしょうか?

 

  • 家族分のセーターでも持込み・引取りの手間がかからない!
  • セーターの干し方や干すスペースに頭を悩ませることがない!
  • 保管サービスならタンスやクローゼットの収納スペースを確保できる!
  • 保管サービスならカビや虫食いの心配がない!

 

このようにセーターのクリーニングや保管のストレスを一気に解消できるのが宅配クリーニングの魅力です。

 

 

クリーニング店の窓口の混雑にイライラすることなく24時間いつでもパソコンやスマホから申し込みができる手軽さ、実家や出張先に届け先を変更できる利便性の高さでも人気が高まっています。

 

 

宅配クリーニング「リナビス」は最大6ヶ月間の保管サービスが用意されています。

 

利用料は無料!意外にかさばるセーターを追加料金なしで保管してもらえるのは嬉しいですね。長期保管でも返送日の日時指定ができるので安心です。

 

 

宅配クリーニング「リネット」の保管サービスは最大8ヶ月。
リネットプレミアム会員限定のプレミアム仕上げでクリーニングし保管する標準コースは1着1,400円、プレミアム仕上げに手仕上げや撥水加工などの機能をプラスしたリュクスコースは1着2,400円の料金がかかります。

 

一見すると料金が高い印象を受けますが、1,400円の標準コースで8ヶ月預けると1ヶ月あたりわずか175円!温度や湿度がアパレル水準の保管環境が用意されているので安心して預けることができますね。

 

 

今まで宅配クリーニングには関心がなかったという方も、今シーズンはかさばるセーターを宅配クリーニングに預けてみませんか?

「リナビス」も「リネット」も初回限定のキャンペーンが用意されています。
キャンペーンのお得な料金でぜひ宅配クリーニングの快適なサービスを試してみてくださいね!

 

リナビス:https://rinavis.com/
リネット:https://www.lenet.jp/

 

 

 

TOPへ