ジャケットのクリーニングと保管にもう悩まない!おすすめはリピーター続出の保管サービスつき宅配クリーニング!

ジャケットをクリーニングに出す

 

着るたびに洗わないジャケットはどのぐらいの頻度でクリーニングに出すのがいい?ジャケットをクリーニングに出す時の料金は?と衣替えの季節が来るといつも悩んでしまいますよね。

 

ジャケットをクリーニング店から受け取っても保管場所の確保が大変という声も多いようです。

 

そこで来シーズンも気持ちよくジャケットを着るために知っておきたいクリーニングに関する情報やかさばるジャケットを長期間預けることができる人気の保管サービスを紹介します。

 

 

 

ジャケットはどのぐらいの頻度でクリーニングに出すべき?

 

女性のジャケット

 

冬用の肉厚ウールジャケットやツイードジャケットは日常のお手入れが行き届いていればクリーニングに出す頻度は低くてもよいそうです。

 

これはジャケットの下にシャツを着るから汚れにくいということが主な理由です。
首周りや袖周りのサイズがあっているシャツを着ていれば、直接ジャケットに肌が触れることはありません。

 

ウールやカシミアは動物が本来もっている油分が適度に残っています。
動物毛が使われているジャケットを頻繁にクリーニングに出すと油分が取り除かれてしまうため、生地がゴワついたり毛羽立ったりしてしまうことがあります。

 

このような理由から冬用ジャケットの着用回数が少ない場合は2〜3年に1回程度のクリーニングで十分という専門家の意見があります。

 

 

ウール、コットン、ポリエステルなどいくつかの繊維で作られているジャケットはシーズン毎に1回のクリーニングで十分といわれています。

 

とはいえ満員電車で思いがけず汗をかいたということもありますので汚れ具合に応じてクリーニングに出してくださいね。

 

ちなみに、汗の汚れは水溶性なのでドライクリーニングではすっきり落とすことができませんので、「水洗い加工」「ダブルウォッシュ」といったオプションで水溶性の汚れを落とすことをおすすめします。

 

 

男性のジャケットと女性のジャケット

 

ジャケットをクリーニングに出す頻度を減らすには、着用後に洋服ブラシでホコリやフケをはらって、ジャケット生地の目に汚れが溜まらないように心がけることがポイントです。

 

ジャケットにブラシをかける時はポンポンとホコリを払うようにブラシを動かします。
ゴシゴシこするように動かすとジャケットの生地を傷めたりホコリが目の奥へ押し込まれたりするので注意しましょう。

 

臭いが残ってしまうので焼肉店やお好み焼き店に行く時には大切なジャケットを着ていかないという工夫も大切です。

 

 

女性用ジャケットの場合はクリーニングに出す頻度を減らすのは難しいかもしれません。というのもインナーにノーカラーブラウスや七分袖のブラウスを着るとどうしてもジャケットに肌が触れてしまうからです。

 

汚れが気になるようでしたら固く絞ったタオルでやさしく叩くように拭いて仕上げに乾いたタオルで湿気を取り除くように拭きます。

 

しっかり乾燥させてから木製の肩に丸みがあるハンガーに掛けて湿気がこもらないようにして保管しましょう。
もちろん普段から洋服ブラシでのお手入れもしっかり行ってくださいね!

 

 

◎こちらは自分でコートを洗う方法の動画ですが、ジャケットをご自分でお手入れする時にも参考になりますよ。

 

 

 

ジャケットのクリーニング料金の相場はどれくらい?

 

クリーニングチェーン店と宅配クリーニングのジャケット料金の相場を調べてみました。

 

クリーニングチェーン店のジャケットクリーニング料金
  • ホワイト急便 440円〜
  • うさちゃんクリーニング 624円〜
  • ポニークリーニング 680円〜

 

宅配クリーニングのジャケットクリーニング料金
  • リナビス クリーニング点数で決まるパック料金
  • リネット 950円〜
  • ピュアクリーニングプレミアム 1,500円〜

 

クリーニングチェーン店にジャケットを出す場合は580円前後が相場といえそうです。

 

これはドライクリーニングの料金なので、汗などの水溶性汚れが気になるジャケットをダブルウォッシュ加工(ドライクリーニング+水洗い)をしたいという場合は400〜600円程度の追加料金がかかります。

 

 

宅配クリーニングでも有料オプションで汗抜き加工やダブルウォッシュを申し込むことができます。
  • リナビス 汗抜き加工1点500円
  • リネット ウェット加工1着1,000円
  • ピュアクリーニングプレミアム メンテナンスコースジャケット1着3,000円

 

ピュアクリーニングプレミアムはハイクオリティの宅配クリーニングです。

 

料金がいちばん安いオゾンコースでジャケットを依頼した場合1,500円とやや高めですが、ドライクリーニングでありながら水溶性の汚れにも強いという特徴があります。

 

料金がいちばん高いメンテナンスコースはドライクリーニング後に特殊水洗いを行う本格的なコースで、一般的なクリーニングの相場からすると料金が5倍ほど高くなってしまいますが、高価なジャケットや長く大切に着たいジャケットの水溶性汚れ(汗ジミ、黄ばみ、カビ予防など)をすっきり丁寧に落として欲しいという方にお試しいただきたいコースです。

 

 

 

衣替えの時期に便利!冬物のジャケットはクリーニング後の保管サービス利用がおすすめ

 

衣替え 冬物

 

冬物の肉厚ウールジャケットやツイードジャケットは型崩れを防ぐために、肩の部分に厚みがある木製のハンガーにかけて次のシーズンまで保管しましょう。

 

しかし木製ハンガーをかけると押入れやクローゼットの収納スペースがなくなってしまうことがあります。

 

そこでおすすめなのが衣替えの時期に合わせて保管できる宅配クリーニング。男性用の厚手の冬用ジャケットでも保管場所に困ることがありません。

 

 

保管サービス付きの宅配クリーニングにはこのようなメリットがあります。
  • 自宅にいながらジャケットの引渡しと受け取りができる!
  • 押入れやクローゼットをすっきり片付けることができる!
  • 受け取り希望日を指定して必要な時に届けてもらえる!

 

宅配クリーニング「リナビス」の保管期間は最大6ヶ月!
まだ寒い日がある3月いっぱいまで冬物ジャケットを着用する場合、4月にクリーニングと保管を申し込めば半年後の9月末まで保管してもらえます。

◎リナビスのURLはこちら

https://rinavis.com/

寒くなる10月までに冬物ジャケットを用意できるので衣替えの手間がかからないのが嬉しいですね。

 

 

「リナビス」は保管している衣類が急に必要になった場合もできる限り応じてくれるとあって対応の良さでも評価が高い宅配クリーニングです。

 

 

衣類の保管はトランクルームやレンタル倉庫を利用しているという方にも保管サービス付き宅配クリーニングをおすすめします。

 

屋外型のトランクルームで換気システムが不十分な場合、倉庫内が高温多湿になってしまうケースがあります。
大切なジャケットがカビてしまうリスクを避けるなら「リネット」の保管サービスプレミアムクロークがぴったり!

 

◎リネットのURLはこちら

https://www.lenet.jp/

 

 

保管した衣類は9〜11月までの「上旬」「中旬」「下旬」と大まかな指定でしか受け取ることができませんが、室温20度以下・湿度60%以下に保たれたアパレル対応の保管環境で最大8ヶ月衣類を預けることができるのが大きな魅力です。

 

型崩れが心配な冬用ジャケットは1,000円の有料オプションで厚手ハンガーに変更することもできますよ。

 

 

 

一人暮しの方や共働き家庭からのニーズが高まっている宅配クリーニング。最近はクリーニングの品質に加えて保管期間や保管環境にも注目が集まっています。

 

ポイントはどの衣類をどのぐらいの期間保管したいかをチェックすること!
衣替えのベストなタイミングで保管サービス付き宅配クリーニングを賢く利用してくださいね。

 

宅配クリーニングは出し方や洋服の数量によってお得度が変わってきます。
選び方に迷ったらこちらの記事を参考にどうぞ。

 

宅配クリーニングの選び方

 

 

 

 

TOPへ