洋服の染み

油のシミは自宅では落とせないと思い込んでいませんか?

 

油のシミは油溶性の汚れなので、水洗いの応急処置ではシミを防ぐ効果はあまり期待できないんです。

 

 

洗濯機で洗っても油のシミの輪郭だけ残ってしまったとお悩みの方もいらっしゃるようですね。

 

 

そこで、油を衣類にこぼしてしまった時により効果的なシミ抜きの方法についてまとめました。

 

時間が経ってしまうとシミ抜きはむずかしくなってしまうので、ぜひ早めの対処できれいな衣類によみがえらせてくださいね!

 

 

 

油のシミ抜き方法

油のシミは輪ジミになりやすい!

油は水と混じらない性質があります。
そのため油のシミをいつも通り洗濯機で洗っても落としきれず、シミのふちがくっきり残る輪ジミになりやすいという特徴があります。

 

油が衣類の繊維まで浸透してしまった場合は、表面と裏面からシミ抜き作業をしてみてください。

 

繊維に残っている油分をしっかり取り除くことが輪ジミを防ぐポイント!

調理用の油の他、ドレッシングに使われているオリーブオイルやごま油のシミも輪ジミになりやすいので注意が必要です。

 

おしぼりなどでゴシゴシこすってしまうと油を繊維の奥に浸透させたりシミを広げたりする原因になってしまいます。

 

乾いたティッシュやキッチンペーパーで吸い取るイメージで油を取り除きましょう。

 

応急処置としてできることはここまで!

 

 

水洗いをすると輪ジミとなって残る心配があるので早めのシミ抜きを行ってくださいね。

 

 

油のシミ抜き作業に必要な道具を用意しよう

  • メイク用クレンジングオイル
  • 台所用中性洗剤
  • シミ抜きブラシまたは歯ブラシ
  • キッチンペーパーまたは古布

 

ファンデーション口紅などの油性汚れを落とすのが得意なメイク用クレンジングが大活躍。

 

クレンジングにはリキッドやクリームなど様々な種類がありますが、油のシミにはオイルタイプのクレンジングがおすすめです。

 

 

洗浄力が高く油となじみやすい性質があるため油のシミを取り除く効果が期待できますよ。

 

繊維へのダメージが心配な衣類にはブラシではなく、割り箸にコットンやキッチンペーパーを巻きつけたものや大きいサイズの綿棒を使うと安心です。

 

 

 

油のシミを落とす手順とコツ

はじめに衣類についている洗濯表示をチェックしましょう。

 

洗濯機で洗えないものは自宅でシミ抜きは行わずにクリーニング店かシミ抜き専門店に依頼すると安心です。

 

 

次にシミ抜きをする前に色落ちテストを行いましょう。

 

衣類の目立たないところにクレンジングオイルと台所用中性洗剤をつけて5分ほど待ちます。

 

その後ティッシュやキッチンペーパーでおさえてみてください。色が移っていたらシミ抜きで色落ちする可能性があります。

 

シミの下にキッチンペーパーを敷きます
クレンジングオイルをつけたブラシでシミを叩きます
油が浮いてくるまでキッチンペーパーをずらしながら叩きます
ブラシを洗って台所中性洗剤をつけます
クレンジングオイルの上から叩きます
キッチンペーパーに汚れがつかなくなるまで叩きます
ぬるま湯で部分洗いをします
いつも通り洗濯機で仕上げます

 

油のシミは輪ジミになりやすいのでシミのふちや周囲も叩いておきましょう。

 

油をこぼしてから時間が経っている時や繊維に油が浸透してしまった時は2〜3を表面と裏面の両面から叩いてシミ抜きをします。

 

シミが残っている場合は6〜7も両面から行いましょう。

 

調理の油以外

調理の油以外には、ストーブ用の灯油のシミや自転車・バイクの機械油のシミがつきやすいものです。

 

灯油を衣類にこぼしてしまった場合はまずは乾かして揮発させてください。
乾かすことでシミは目立たなくなりニオイもほとんど残りません。

 

油溶性の汚れを落とすのが得意なドライクリーニングでもきれいにすることができます。

 

自転車・バイクの機械油

自転車・バイクの機械油は黒くべったり残ってしまうので家庭でのシミ抜きはとても難しいです。クリーニング店かシミ抜き専門店で相談してください。

 

 

作業着のような汚れがある程度は残ってもかまわないという衣類であれば、機械油がついてしまった部分に料理用の食用油を使うシミ抜き方法があります。

 

シミの下にキッチンペーパーを敷き食用湯をシミに塗ります。

 

丸めたティッシュやコットンで叩いて機械油をなじませます。

 

その後台所用郵政洗剤で叩いて機械油を取り除きます。ぬるま湯で部分洗いをした後いつもどおり洗濯機で洗ってみてください。

 

 

 

油のシミがついてしまった衣類のお手入れは思ったより面倒!

 

普段クレンジングオイルを使わない方にとって、油のシミのためにクレンジングオイルを買うのは面倒なことですよね。

 

油が浸透してしまった衣類は両面からシミ抜きをする必要があり時間も手間もかかってしまいます。

 

そこでクレンジングオイルを買いに行くのが面倒な方や油のシミ抜きが面倒な方に宅配クリーニングをおすすめします!

 

宅配クリーニング

 

例えばこちらの宅配クリーニングリネット。

しみ抜きも無料!家まで無料で届けてくれる高品質なクリーニング♪

 

利用者の満足度が高い「リネット」は無料シミ抜きサービスがついた宅配クリーニング。

 

 

リネットならこちらからシミの部分を伝えなくても、検品中に見つかったシミは「リネット」の職人が専用の機械や薬剤を使って無料でシミ抜きをしてくれます。

 

油をこぼしてから日数が経過し繊維が変質したものは無料シミ抜きサービスの対象外になってしまいますが、数日内ならきれいに油のシミ抜きをしてもらえる可能性がありますよ。

 

ぜひ手軽な宅配クリーニング「リネット」で厄介な油のシミをきれいに落としてもらってくださいね。

 

 

◎リネットについてはこちらの記事にもうちょっと詳しく書いてあります。

宅配クリーニングのリネットは安いのに高品質で仕上がりも早い!!

 

 

TOPへ