カレーのシミは自宅でシミ抜きをしてみよう

カレーを食べる子供

 

カレーのシミは水溶性汚れと油溶性汚れが混ざっています。

 

さらに色素も強いため一度シミになってしまうとなかなか落とすことができません。

 

 

でも、落ちないと決め付ける前に自宅でシミ抜きをしてみると案外キレイになるんですよ。

 

カレーのシミを自宅でシミ抜きする方法をマスターしてお気に入りの衣類を復活させてくださいね。

 

 

 

カレーのシミは水溶性と油溶性と色素が混ざっています

カレーのシミは小麦や野菜などの水溶性汚れ、牛脂やサラダオイルなどの油溶性汚れ、香辛料の色素汚れが混ざっています。

 

一気にシミを落とそうとするよりも、汚れを落としてから最後に残った色素を取り除く方法でより早くシミ抜きができるんですよ。

 

カレーのように様々な成分が混ざったシミは、油溶性の汚れ→水溶性の汚れ→色素の順番で落とすことが大切です。

 

 

アウトドアでカレーを作ったりランチでカレーうどんを食べたりする機会もあることでしょう。
外出先でカレーのシミを作ってしまった時は応急処置を行っておくと、あとでシミ抜き作業がずっと楽になりますよ。

 

洋服についてしまったカレーはティッシュで汚れを広げないように取り除きます。

 

次に濡らしたティッシュでカレー汚れをつまみ、最後に乾いたティッシュやハンカチで水分を取り除きます。

 

いきなり濡れたおしぼりで拭いてしまうと繊維の隙間まで汚れが浸透してしまうのでかえってシミが落としにくくなることがあります。

 

 

レストランのおしぼりは漂白剤や薬品が含まれている可能性があるため大切な衣類には使わない方が無難!

 

お水とティッシュを使ってさっと応急処置をすることがポイントです。

 

カレーのシミの落とし方

 

カレーのシミを落とすためにあると便利なアイテムはこれ!

自宅でカレーのシミを落とす道具

  • メイク落とし用クレンジング
  • 台所用中性洗剤
  • シミ抜きブラシまたは歯ブラシ
  • キッチンペーパーまたは古布
  • スチームアイロン

 

カレーに含まれる油溶性の汚れを落とす時に便利なのがメイク落とし用クレンジングです。油性のコンシーラーや口紅などを落とす力を利用します。

 

シミ抜きブラシはホームセンターなどで購入することができますが、なければ硬めの歯ブラシでも代用できます。

 

スチームアイロンの蒸気を利用するとシミを分解するスピードアップが期待できます。

 

スチームアイロンがない場合は、やかんの蒸気やスチームクリーナーで代用できるそうです。

 

 

カレーのシミを落とす手順とコツ

洗濯表示をチェックして家庭の洗濯機で洗えるかどうかをまずは確認してください。
日本とは異なる洗濯表示がついている外国製の衣類やシルクのネクタイなどは特に注意が必要です。

 

衣類の洗濯表示マーク

 

色柄物はシミ抜きの前に色落ちチェックをしましょう。

 

洋服の裏側の縫いしろなどの目立たない部分に、少量のクレンジングや中性洗剤をつけてしばらく待ちます。
キッチンペーパーで叩いてみて色が移るようなら色落ちの可能性があります。

 

★シミを落とす手順

  1. シミの下にキッチンペーパーを敷きます
  2. メイク落とし用クレンジングをつけたブラシでシミの部分を叩きます
  3. カレーの成分が浮いてきたらキッチンペーパーで取り除きます
  4. キッチンペーパーに汚れが移るので、少しずつずらしながらキレイな面がシミに当たるようにしましょう。
    カレーの成分が浮き出なくなるまで2〜3を繰り返します。

  5. 台所用中性洗剤をつけたブラシでシミの部分を叩きます
  6. キッチンペーパーに汚れが移っているかチェックします
  7. シミが目立たなくなるまで4〜5を繰り返します
  8. まだシミが目立つようなら、スチームアイロンの蒸気を当てます。
    生地を傷める心配があるので、蒸気は同じ箇所に3秒以上当てないようにしましょう。

     

    蒸気を当てたらキッチンペーパーで叩き、シミが目立たなくなるまで蒸気を当てることを繰り返します。

     

    この方法はアイロン不可の素材や温度表記がある衣類には向いていません。
    普段アイロンをかけているワイシャツやブラウスについてしまったカレーのシミには有効です。

  9. シミが大体落ちたらぬるま湯で部分洗いをします
  10. いつも通りに洗濯機で洗います

 

カレーの黄色い色素はクルクミンといいます。
シミ抜き作業と洗濯機の洗いでも色素が残ったシミが落ちないことがありますがまだ諦めないでくださいね!

 

クルクミンは紫外線によって分解され少しずつ色素が消えていきます。
1回の外干しでは色素が残ってしまうこともありますが、洗濯と外干しを繰り返しているうちに徐々に薄くなっていきます。

 

 

色柄物は直射日光にあてると色あせしてしまうことがありますので、陰干しで紫外線に当てるようにしましょう。

 

 

カレーのシミ抜きをする時間がないという場合はクリーニングへ

カレーのシミは時間が経てば経つほどくっきり残ってしまいます。

 

応急処置をした後、自宅でシミ抜きをする時間がないという方やシミ抜きを面倒に感じる方はクリーニングを利用してみてはいかがでしょうか。

 

クリーニング店で染み抜き

 

 

日中は仕事や育児があってクリーニング店が開いている時間に洗濯物を持っていけないという場合は宅配クリーニングがおすすめです。

クリーニング店に衣類を持ち込む場合、スタッフにシミのある箇所を伝えてチェックしてもらったりシミ抜き料金がかかったりしてわずらわしいんですよね。

 

でも宅配クリーニングは、わざわざシミの箇所を伝えなくても検品中に見つけたシミは依頼しなくても無料でシミ抜きサービスを行っているところが多いんですよ。

 

 

人気の宅配クリーニング「リネット」なら、墨汁・顔料・パーマ液などで生地そのものが変色や脱色したもの以外なら油溶性のシミも水溶性のシミもたんぱく質のシミも全部無料!

 

ただし、カレーのシミは時間経過によって落ちにくくなってしまったものは無料シミ抜きの対象外となってしまう可能性もありますので、できるだけ早くクリーニングに出すことをおすすめします。

 

 

「宅配クリーニングって時間がかかるでしょ?その間にカレーのシミが落ちにくくなってしまうんじゃないの?」と疑問に思う方も多いかもしれませんね。

 

「リネット」は申し込みから最短で即日集荷に来てくれます。
だから次の休みの日にクリーニング店に持ち込みするよりも、ずっと早くカレーのシミ抜きを行えるということに!

 

より早く手軽にカレーのシミ抜きをしたいのなら「リネット」を上手に利用してくださいね。

 

数ある宅配クリーニングの中でも特におすすめなのは、質の良い無料シミ抜きサービスがある「リネット」です。

家まで無料で届けてくれるクリーニング

 

宅はクリーニングのリネットで衣類の染み抜き

 

 

TOPへ