宅配クリーニングのリナビスに出せないものってあるの?
もし出せないものを出してしまったら料金や送料はどうなるの?

という疑問はありませんか??

 

リナビスって便利そうだなと思ってもこのような疑問が湧いてきて会員登録を先送りにしてしまう方がいるかもしれませんね。

 

そんな疑問をお持ちの方に向けて、宅配クリーニングのリナビスに出せない衣類をメインに、もし出せないものを出してしまった時の対応についてもガイドしていきます!

 

※早く知りたい!という方は、リンク先の一番下にある「ご利用ガイド」内の「素材や種類の取り扱い可否」をご覧ください。

 

 

 

リナビスに出せないものって?下着や布団も出していいの?

宅配クリーニングのリナビスは、他社では別料金になることもあるアンゴラやカシミア等の高級素材やドレス等のデリケートな衣類まで幅広く対応しています。

 

しかし、どんな衣類でも出せるという訳ではないのでご注意くださいね。

 

リナビスに出せない物をチェックしてみましょう。
  • 毛皮
  • 皮革製品
  • 着物類
  • 布団
  • 水着 
  • ペットが使用したもの
  • 濡れているもの
  • 下着類
  • ドライクリーニングも水洗いもできない物
  • 汚れ、臭いがひどいもの
  • 穴、破れがひどく、クリーニングができないもの

これらの物はリナビスの衣類クリーニングコースでは受け付けていません。

 

まずは手元にある衣類の洗濯表示を見て洗えるものかどうかを確認し、濡れているものは乾かしてから集荷バッグに入れるようにしましょう。

 

ペットの毛がついた衣類はブラシやコロコロで取り除く、粗相や嘔吐した衣類は下洗いして乾かすといったマナーを守って気持ちよく利用したいですね。

 

 

リナビスは衣類コースの他に、布団丸ごと水洗いコースと皮革製品・ブランド品クリーニング・メンテナンス部門が用意されています。

 

クリーニング店への持ち込みが大変な布団も、メンテナンスが難しい高級ブランドバッグもリナビスに任せてしまえば手間がかかりませんよ。

 

 

布団丸ごと水洗いコースは衣類のクリーニングコースと同じ会員登録情報でログインして申し込むことが可能!衣類と布団を同時に申し込みすることもできますよ。

 

皮革製品・ブランド品クリーニング・メンテナンス部門は、別途会員登録が必要です。

 

貯まるポイントは、衣類のクリーニングコース、布団丸ごと洗いコース、皮革製品・ブランド品クリーニング・メンテナンス部門で共通です。

 

 

 

ハンドメイドや海外購入品で洗濯タグがついていないものは?

リナビスの衣類クリーニングコースはドライクリーニングまたは水洗いができるものが対象となっています。

 

皮革や毛皮は見た目でわかりますが、ハンドメイドでプレゼントされた衣類や海外で購入した衣類は洗濯表示タグがついていないこともあり、素材が分らなかったり洗濯方法がわからなかったりしますよね。

 

 

私自身は、近所のクリーニング店で海外購入の洗濯表示タグがついていないスカートのクリーニングを断られた経験があります。

 

リナビスでは対応してもらえるのか気になったので問い合わせをしたところ「現場判断」となるという返答をいただきました。

 

素材などを確認し、ドライクリーニングできるものはドライ、水洗いできるものは水洗いという対応になるようです。

 

衣類の素材が判断できない時やドライクリーニングができるかわからない時は事前にリナビス問い合わせフォームで相談することをおすすめします。

 

 

もし毛皮や下着などリナビスで扱っていない衣類を出してしまったら?

リナビスの集荷バッグにうっかりクリーニング対象外の毛皮や下着を入れてしまった場合どうなるのでしょうか。

洗濯表示タグがついていない衣類でクリーニング不可と判断された衣類もどうなるのか気になるところですよね。

 

 

毛皮、着物類、靴などを集荷バッグに入れて送った場合、当然の事ですがクリーニングをしてもらえません。
さらに返送の際は別途送料がかかってしまいます!

 

集荷バッグへ入れる衣類はしっかり確認してから送るようにしてくださいね。

 

通常のクリーニング可能な衣類の中に下着類や水着などのクリーニング不可のものや、洗濯表示タグがついておらずクリーニング不可と判断されたものが混ざっていた場合は、クリーニング対応が済んだものとまとめて同梱されて届きます。

 

この時、クリーニング不可だった衣類の料金は返金されませんのでご注意くださいね。

 

例えば…
リナビスの10点コースは、送料無料10,800円です。
1枚あたり1,080円となりますね。10点送った中の1点がクリーニング不可だったとしても1,080円は返金されません!

 

もし、集荷バッグの中身が全てクリーニング不可のものだった場合は送料無料にはならず返送料がかかってしまうそうです。

 

集荷バッグを閉じる前に、クリーニング可能かどうかをしっかり確認しましょう。

 

 

通常の衣類以外もリナビスに出すことができる!

革ジャンやブランドバッグも宅配クリーニングで手軽にメンテナンスをしてもらいましょう!

 

リナビス皮革製品・ブランド品クリーニングから申し込めばこれまで特殊クリーニングに持込んでいた衣類や小物もクリーニングをしてもらえますよ。

 

リナビスの皮革製品・ブランド品クリーニング・メンテナンス部門は会員のみが利用できます。

 

リナビスで衣類の宅配クリーニング/布団の宅配クリーニングを利用している方も別途会員登録が必要になりますが、ポイントの移行は可能です。

 

  • ☆皮革・ブランド品のバッグクリーニングコース 1個25,000円(税抜)
  • ☆皮革・ブランド品の靴クリーニングコース 1足17,000円(税抜)
  • ☆皮革・ブランド品の特殊衣類クリーニングコース 1着15,000円(税抜)
  • ☆皮革・ブランド品の財布・小物クリーニングコース 1個17,000円(税抜)

衣類のクリーニングと同様に、集荷キットが届いたら品物を詰めて送るだけ!

 

皮革製品・ブランド品の汚れ洗いやシミ抜きの他、キズ修復や染色修復をしてもらえます。

 

皮革製品・ブランド品は大切な人からのプレゼントだったり、自分へのご褒美で奮発して購入したりと思い入れが多いものですよね。

 

持ち手がほつれている、バッグの角が擦れているなどちょっとしたダメージでも自分ではメンテナンスが難しいものもリナビスでよみがえらせてみませんか。

 

 

バッグのみ別途5,000円の費用でカラーチェンジが可能!飽きてしまったバッグをカラーチェンジで再活用したいという方におすすめですよ。

 

きれいにすればまだ使える皮革やブランド品のメンテナンスにぜひリナビスをご利用くださいね。

 

 

 

リナビスに出せないものまとめ

ここまで宅配クリーニングリナビスに出せないもの、出せないものを出してしまった時の対応などについてガイドしました。

 

間違えやすいのがコートのフードなどについているファーや革ジャンです。

 

本物の毛皮が使われているならリナビスの皮革製品・ブランド品クリーニング・メンテナンス部門でお手入れしてもらうことをおすすめします。

 

フェイクファー、フェイクレザー(合成皮革)なら通常のリナビス衣類のクリーニングコースに出すことができますよ。

 

 

近年は動物保護の観点からフェイクファーが主流になっていますが、集荷バッグに詰める前に衣類クリーニングが可能なポリエステルやアクリル等のフェイクファーなのか天然ファーなのかを確認しましょう。

 

 

衣類のクリーニングと布団丸ごとクリーニングは同じ会員情報でOK!
皮革製品・ブランド品クリーニング・メンテナンス部門のみ別途会員登録が必要となりますが、この3つのコースを使い分ければ出し間違いが減りますよ。

 

より身近に手軽に賢くリナビスを活用してくださいね!

 

TOPへ